Event is FINISHED

第1回ギフティッド教育カンファレンス2014

あなたの教育理念にパラダイムシフトが起きる
Description

ギフティッドという言葉をご存知ですか。 

アメリカではギフティッドと呼ばれるIQが高い子供達や、ある特定の学術分野(数学、芸術、音楽、言語など)で高いレベルの潜在能力を持った子供達がいます。そのようなギフティッドの子供達の人口はアメリカの幼稚園から高校までの子供達全体の約6%を占める、およそ300万人と言われています。

なぜギフティッドに光をあてなくてはならないのでしょうか。

理由1「次世代を創造するクリエイティブなマインドを持つ子供の才能を開花するため」
天才的な才能を持ったギフティッドの子供達がいます。しかし、現在、その子供達への教育サポートは限られており、その子供達の才能を開花させる教育が十分に行われていません。

理由2「ギフティッドの子供達を誤診から守るため」                  日本よりギフティッド教育が普及しているアメリカでさえ、ギフティッドの子供達がADHD、双極性障害、強迫性障害、又は、アスペルガーと誤診され、社会問題になっています。誤診の最大の理由として、医療関係者、教師、保護者のギフティッドに関する知識の少なさが挙げられます。日本においてもギフティッドという言葉が社会で認知されていないのみならず、発達障害として理解される傾向にあります。今後間違った認識を広めない為にもギフティッド教育、またはギフティッドに関する正しい理解が必要です。

記念すべき第1回のカンファレンスでは、長年にわたり、ギフティッド教育の最先端で活躍しているスミュイン氏とレイノルズ氏のお二方をアメリカから招き、アメリカのギフティッドの子供達とギフティッド教育について紹介していただきます。日本からは寺脇研氏を招き、「生涯学習」という視点に立ち、あらゆる子どもたちにそれが権利として保障される中で、ギフティッドの子どもたちの学びの在り方についてご講演して頂きます。さらに、長年アメリカのギフティッド教育に携わってきた今瀬博氏がどうやってギフティッドの子供達の才能を開花させてきたのかを紹介いたします。



基調講演者の紹介

オデッセイ中学校設立者
スティーブ・スミュイン氏

スミュイン氏

教育コンサルタント。活動の場は、アメリカ、中国、日本と各国にわたる。40年間教育に携わり、多くの才能ある子供達を輩出してきた。米国においてギフティッド教育、EQ(感情知能)教育で有名なヌエバスクール中等部の校長に就任した後、1997年に、ギフティッドを対象にした、サンフランシコベイエリアで唯一の私立中学共学校であるオデッセイスクールを設立。米アップル社の故ジョブズと引き合いに出されるほどのクリエイティブな才能でギフティッド教育の充実と発展に携わり、子供達が安心して個々の才能を開花できるコミュニティー作りに励む。

今回の講演では、ギフティッド教育とギフティッドの子供達について紹介する。


FACING HISTORY

ミルトン・レイノルズ氏

レイノルズ氏

カリフォルニア州サンフランシスコベイエリアにあるFACING HISTORY AND OURSELVESいう教育団体のシニアプログラムアソシエートを務める。子供達が偏見を捨て、様々な出来事に関心を持てるように、人種問題、ホロコースト、人権などについて、教師を対象にワークショップ、セミナーを提供。また、それとは別に、スミュイン氏が設立したオデッセイ中学でセルフサイエンスのスキルを身につける為のクラス(感情知能のクラス)を担当する。

今回の講演では、セルフサイエンスのスキルがそれぞれの子供にどのように影響を与え、生かされ、さらにコミュニティーの形成に役立つかを紹介する。



京都造形芸術大
寺脇研氏

寺脇氏

全国の教師、親、若者と意見を交わしながら、画一的な教育でなく、一人一人に合わせる「生涯学習」を推進する。活躍の場は多方面にわたり、NPOカタリバが主催する高校支援・キャリア学習プログラムを応援するとともに、私塾「カタリバ大学」の学長も務める。官僚を退職した後も、経験を活かし、数多くの著書を執筆。近著に『百マス計算でバカになる』『2050年に向けて生き抜く力』『コンクリートから子どもたちへ』『「官僚」がよくわかる本』『「フクシマ以後」の生き方は若者に聞け』、最新刊に『「学ぶ力」を取り戻す 教育権から学習権へ』『文部科学省 「三流官庁」の知られざる素顔』などがある。

今回の講演では「生涯学習」という視点に立ち、あらゆる子どもたちにそれが権利として保障される中で、ギフティッドの子どもたちの学びの在り方を話す。


Feelosopher's Path 共同設立者
今瀬 博

瀬氏

18才で渡米。大学院卒業後オデッセイスクールに赴任し、10年に渡りギフティッド教育に携わる。専門は感情知能教育、キャラクター教育、カリキュラムデザイン。同校のAssistant Head of School(副校長)に就任後は、サンフランシスコベイエリアでギフティッド教育の普及活動を行った。2012年、退職後はカリフォルニア州サンマテオ市でオデッセイスクールの同僚だったエリン・スターリングとFeelosopher's Pathを設立。オデッセイスクールのギフティッド教育を基盤にした次世代のFP教育を全ての子供達を対象に提供する。帰国後はFeelosopher's Path Japanを立ち上げ、広島、東京を中心にFP教育の普及に務める。活動内容は、教師、保護者を対象にしたワークショップ、子供達を対象にしたデイ・アフタースクールや年間冒険プロジェクトなど。

今回の講演では米国のギフティッドスクールの副校長を務め、生徒の生活指導に深く関わった経験をもとに、ギフティッドの子供達、また、その保護者とどう関わって行くべきかを話す。


第1回ギフティッド教育カンファレンス2014 スケジュール

2014年3月29日(土)
「ギフティッドの話をしよう」定員80名

10:00 - 10:30 受付
10:30 - 10:45 開会挨拶
10:45 - 12:00 基調講演 スティーブ・スミュイン氏(逐次通訳付)
12:00 - 13:00 昼食休憩
13:00 - 14:15 基調講演 ミルトン・レイノルズ氏(逐次通訳付)
14:15 - 14:30 休憩
14:30 - 15:30 スミュイン氏が行うワークショップ
15:30 - 16:30 振り返り
16:30 - 16:40 一日目閉会挨拶
16:40 - 17:10 ㊙チャレンジ!(2日目参加する人のみ)
17:30 - 19:30 懇親会

2014年3月30日(日)
「ギフティッド教育を体験しよう」定員80名

10:00 - 10:30 受付
10:30 - 10:35 挨拶
10:35 - 11:00 振り返り
11:00 - 12:00 アクティビティ
12:00 - 13:00 昼食休憩
13:00 - 14:00 基調講演 寺脇 研氏
14:00 - 14:15 休憩
14:15 - 15:15 基調講演 今瀬 博氏 
15:15 - 15:30 休憩
15:30 - 16:30 振り返り
16:30 - 16:45 閉会挨拶

ご多用のところ恐縮ではございますが、是非ご参加くださり,たくさんのご意見をいただければ幸いです。カンファレンスで皆様方にお会いできるのを楽しみに待っております。

                          日本ギフティッド協会事務局一同


Event Timeline
Mar 29 - Mar 30, 2014
[ Sat ] - [ Sun ]
10:30 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
カンファレンス2日間チケット ¥25,000
3月29日「ギフティッドの話をしよう」一般 ¥12,500
3月29日「ギフティッドの話をしよう」学生 ¥7,500
3月30日「ギフティッド教育を体験しよう」一般 ¥12,500
3月30日「ギフティッド教育を体験しよう」学生 ¥7,500
3月29日懇親会 40名様 ¥3,000
御招待チケット ¥25,000
[早割2/11] カンファレンス2日間チケット ¥22,500
[早割2/11] 3月29日「ギフティッドの話をしよう」一般 ¥11,250
[早割2/11] 3月29日「ギフティッドの話をしよう」学生 ¥6,750
[早割2/11] 3月30日「ギフティッド教育を体験しよう」一般 ¥11,250
[早割2/11] 3月30日「ギフティッド教育を体験しよう」学生 ¥6,750

On sale until Mar 27, 2014, 10:30:00 AM

Venue Address
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 Japan
Organizer
日本ギフティッド協会
124 Followers